接点の不良・腐食
電池ボックスに電池を入れっぱなしにしておくと、だんだんに液漏れをしてきます。この液には腐食性があるため
電池ボックスの金属の電極は腐食してしまいます。

電池そのものの不良の次に多い故障原因がこれです。

ひどいときは電極がケースから落ちてしまうこともありますが、それ以外は写真のようにルーターで電極を磨いて導通が回復すればOKです。
ただ、腐食を完全に除去してやらないと、残っていた腐食部分から腐食が進むことがあります。

なるべく完全に除去することはもちろんですが、左の接点グリスなどを塗っておくと効果があるようです。
 

                                    戻る

inserted by FC2 system