スイッチの不良
ラジコンの場合はほとんど本体側に写真のようなON/OFFスイッチが付いています。
1コの部品は左のようなもので、なぜか2回路6端子のものが使われていることが多いようです。
まさか1回路が壊れたときの予備とは考えていないと思うのですが・・・。

ただ、これは私たちドクターにとっては朗報になるときがあります。

今まで使われていた接点は死んでいるのに、使っていないほうは生きていることがよくあるからです。
と言うことはたった2ヶ所配線を変更するだけで直る可能性があるわけです。
このSLのおもちゃも同じようなスライドスイッチが付いていましたが、付いている場所が底面でその上に駆動系のメカが鎮座している構造です。
駆動系のメカを全部はずしてスイッチを露出しましたが、とても取り外せる状態ではありません。







そこで別の新しいスイッチを運転席の横に接着剤で取り付けて配線を移しました。

スイッチ自体のトラブルが多いことはビックリしましたが、使われているスイッチの種類がそう多くはなさそうなので、何とかなりそうです。
ただ、電源スイッチではなく、回転を検出してランプなどを点滅させるスイッチは構造的にも壊れやすく再生も難しいことがあります。

これは犬のおもちゃで、車輪が回ると白い大きなカムが回り、スイッチon/offする構造のものです。
これを何かで代用させるのはなかなか難しいものです。
 

                                    戻る

inserted by FC2 system