+ドライバー
ネジの頭の形が+になっているか−になっているかで+ねじ・−ネジと言い、それぞれ+ドライバー、−ドライバーを使います。+の形の大きさによりドライバーもNo1、No2などいくつかの大きさがあります。

そのほか「精密ドライバー」「時計ドライバー」などの名称で呼ばれている小型のドライバーセット(写真の左から2本)などがあります。
これは、+ドライバー3本、−ドライバー2本、キリ1本がセットになったもの。左側の握りを差し込めばグリップがよくなり使いやすくなります。
ちょっと短いのと、安いのを買うと握りの部分とドライバー本体の間にガタがあり違和感を感じますが、それをのぞけばなかなかのスグレモノです。
私は我が家と職場に1セットずつ置いて使っています。

                                    戻る

inserted by FC2 system