Cリングヌキ
あまり聞きなれない言葉だと思いますが機械には「Eリング」と言うのと「Cリング」と言う部品がたくさん使われています。
この工具はその「Cリング」を付けたりはずしたりする専用工具です。
はさみもニッパー・ラジペンなども、手で持って握っていくと先端が閉じるのですが、このCリングヌキは手を離すと先端が閉じます。

と言うことで、例外的な使い方ですがはんだ付けや接着作業をするとき、片方の部品を固定しておくのに非常に重宝します。

左の写真は歯ブラシをCリングヌキではさんで立てているところです。最近ではCリングを抜くよりこの使い方のほうが圧倒的に多くなってきました。
 

                                    戻る

inserted by FC2 system