CD-ROM Drive
 
自分の部屋の整理をしていたら、とっくに捨ててしまったと思っていた交換済みのCD−ROM Driveが出てきました。
我が家の2〜3代前のPCについていたものですが、壊れて新しいものに交換した後、そのままになっていたんでしょうね。
おもちゃ病院でもやっていなければ、このまま捨てていたんでしょうが、「どうせ捨てるなら」と言うことでちょっと分解してみました。
外の筐体をはずしてドライブを下から見たところです。
左から金属の筐体、ディスクドライブのメカの部分、メインの基板。
基板をはずしたところ。
今回分解してみたのは「何かおもちゃに使える部品をはずして捨てよう」と言うことですが、このあたりにはそれほど使えそうなものはなさそうです。
基板上のタクトスイッチ(矢印)は使えそうです。
このスイッチは押している間だけONするタイプなので、この前の犬のぬいぐるみに使えたかも知れませんね
これは音量調整ボリュームとイヤフォーンジャックです。
両方とも超小型で、品質的にはやはりおもちゃの部品とは一線を画しています。
ディスクドライブのモーター。
12Vだろうからこれは使えませんかね。

トレイドライブ用のモーターです。
分解するときに反対側をみたら、ベルトで動かしているようです。大きさはちょうど輪ゴム程度の大きさです。
今回の収穫?。
モーター2コとタクトスイッチ2コ、それにLED1コです。
モーターはたぶん12V駆動なのでおもちゃには使えないと思いますが、いつ何に役に立つかわかりませんのでとりあえずキープしておきます。
タクトスイッチ2コ。
これは間違いなくおもちゃに使えると思います。
LED(プラスチックホルダー付き)。
これも12V駆動なのかな?。まあ、そのうちに安定化電源をつないでテストをしてみます。
たぶん何かには使えるような気がします。

と言うことで番外編の終了です、(たぶん)

                                    戻る

inserted by FC2 system